頬のたるみ

頬のたるみ解消法には笑顔が大事

頬がたるんでくると、顔が老けて見えて、本当になんとかしたいものですよね。

 

昔は若く見られていたのに、最近はちょっと上に見られてる、なんて人は頬のたるみが表れてきたのかもしれません。

 

それを確かめたい時は、自分の2種類の顔を確認します。

 

一つは、仰向けに寝てみて自分の顔を鏡で見てください。

 

もう一つは、立ったまま自分の顔を鏡に映してみてください。

 

立っている方が老けて見えるなら、あなたの頬はたるんでいるかもしれません。

 

頬のたるみ予防するには、次のような予兆に気づくようにしましょう。

 

○目の下の目袋が目立ってきていませんか?
○頬を指先で押したときにプルンって戻りますか?
○朝起きた時に頬に枕の跡が付いたままになっていることが多くないですか?
○鼻の両側の毛穴が目立ってきたと感じていませんか?

 

このようなサインがあったら、たるみが始まっているかも。

 

見つけたら即、頬のたるみ解消法を実行しましょう。

 

生活習慣で頬のたるみをできやすくしているときがあります。

 

生活習慣で一番多いのは、頬杖です。

 

テレビを見たり、机に向かったりするときに、ついうっかり頬杖をついていませんか?

 

頬杖は、皮膚をたるませる原因になりやすいのです。

 

それに顔の表情も、原因になりやすいのです。

 

特にダメなのは『しかめつら』

 

しかめ面は、額や眉間のしわをつきやすくします。

 

それに、口がへの字になることで、口元や頬がたるんでしまいます。

 

頬のたるみ解消法として、一番いいのは笑顔を作ること。

 

笑顔は顔全体の筋肉を使うため、表情筋が鍛えられ、血行が良くなります。

 

そして口角を上げるため、頬のたるみ解消法になるんです。

 

表情筋を動かすためには、楽しいおしゃべりや、カラオケなんかもたるみ防止にもいいんです。