頬のたるみ

頬のたるみは20代から始まる!?

頬のたるみなどは20代になったら、徐々に始まっています。

 

頬だけでなく、目元、口元など年齢が出やすいところが徐々にたるんでいくんです。

 

それに皮膚の弾力も失われ、コラーゲンも変質していきますから、たるみが進むんです。

 

それに加齢だけではなく、紫外線もたるみに影響を加えています。

 

紫外線を浴びると、活性酸素が発生して、コラーゲン、エラスチンなど皮膚の細胞を傷つけます。

 

また、その年代に増えてくる、ストレスもたるみを作る原因になります。

 

太り気味の人は、さらに皮膚や筋肉が皮下脂肪の重みに耐えられなくなってたるみを作ってしまいます。

 

そして、そのまま過度なダイエットをすると、今度は皮膚が余ってたるんでしまいます。

 

頬のたるみができると表情筋が衰えて、とても老けたイメージを与えるようになります。

 

それを解消するには、表情筋をしっかり使って、頬を上げて一杯笑顔を作るようにしましょう。

 

手のひらで顔やほほを引き上げるようにしてもOKで、それで表情筋を活発にさせましょう。

 

血行をよくすることでも、頬のたるみにハリができて肌の弾力を取り戻すことができます。

 

コラーゲンが減るとたるみの原因になりますから、少しでも維持できるように頑張りましょう。