頬のたるみ

頬のたるみに効くスキンケア化粧品ハルガリ

頬のたるみに効くと好評を得ているらしいラクトバチルスSP発酵液を配合したスキンケア化粧品の『ハルガリ』の7日間トライアルセットを使ってみました。

結果としては、肌がふっくらした感じがします。

 

ハリが出たっていう感じですね。

 

それにリフトアップ効果もあるらしいので、フェイスラインがスッキリと引き締まった感じもしています。

 

なので、@コスメにも同じような口コミがありましたが、私の感想と同じで、頬のたるみに効くし、小顔効果もあります。

 

なんてったって、この実感が証拠です。

 

それに、ハルガリの化粧品は即効性があることがわかりました。

 

短期間でしっかりと効果が出せるスキンケアなんでこれも驚きです。

 

でも、こんなに効果の高いスキンケア化粧品ですから、値段もお高いんです〜。

 

ですから、いきなり購入よりは、まずはトライアルで試してみることをお奨めします。

 

私自身は、かなりの効果を実感したので、商品の購入を検討中です。

 

頬のたるみに効くスキンケア化粧品ハルガリのプレミアムキット、通常11,300円が初回一人一セット限りで3,000円。

 

数量限定だったんですが、送料も無料で試せたんで、とても良かったです。

 

頬のたるみに効く化粧品ハルガリに興味のある方は、是非サイトをチェックしてみてね。

 

頬のたるみ改善のツボ

顔には、それこそ顔中ツボだらけと言っていいくらいにたくさんのツボがあります。

 

そのツボの中で、顔のむくみ、頬のたるみの改善に効く、リフトアップの小顔効果、が期待できる代表的なツボを紹介します。

 

そのツボは、いずれもあごや頬のたるみを引き締め、二重あご解消にも効きます。

 

位置と押し方は、以下の通りです。

 

◆上廉泉(かみれんせん)

○位置:あごの真下の少しへこんだ部分。
○押し方:あごを思い切り上に上げて首の前側の筋肉を伸ばすようにする。
その状態のまま、片手の親指の腹を上廉泉に当てて、上に向かって押す・緩めるを繰り返す。

 

◆頬車(きょうしゃ)

○位置:耳たぶの下で、フェイスラインから人差し指1本分ほど内側の部分。
歯を食いしばると盛り上がり硬くなるところがある。歯をゆるめるとそこにくぼみができる、その部分。
○押し方:両手の人差し指を頬車にあて、痛気持ちいい程度の強さで、左右同時に押し込む。

頬のたるみを解消できる体操

頬のたるみができてひどくなると、口元からあごにかけて、腹話術の人形みたいなラインができます。

 

人形みたいだから、マリオネットラインとも言われるらしい。

ブルドッグみたいな頬のたるみを解消するなら、このマリオネットラインを消さないと。

 

この頬のたるみができる原因は頬の脂肪が垂れ下がるから。

 

頬のたるみの引き締め体操をして、頬の脂肪を支えられるように筋肉を鍛えないといけません。

 

それでは、ブルドッグ顔解消のための頬のたるみをとる体操を教えましょう。

 

超簡単だから、毎日にやってみて下さい。

 

◆顔をまっすぐ前を向く。

このとき、唇の力を抜いて閉じておく。

 

◆唇をすぼめたまま、前にゆっくり突き出す。

頬の筋肉を使うことを意識して。

 

◆そのまま5つ数えながら、口の中の空気を吸い込んで頬をへこませる。

頬の内側の肉を歯茎にくっつけるように。

 

◆今度は、逆に口をいっぱいに膨らませる。

フグの顔をイメージして、限界で5秒キープ。

 

◆ゆっくりと口の中の空気を吐き出して、体操終了。

 

◆これを5回繰り返す。

 

毎日続けると、大きな効果が期待できますよ。

血糖値を下げる食材として代表的な野菜といえばなにかわかりますか?それは・・・